2014年08月06日

ちゃんこ発祥の地、東京・両国の伝統の味巴潟の「九代目ちゃんこ鍋」塩味両国名物!ちゃんこ巴潟 両国・巴潟「九代目ちゃんこ鍋」塩味(4人前)【送料無料】

ちゃんこ発祥の地、東京・両国の伝統の味巴潟の「九代目ちゃんこ鍋」塩味両国名物!ちゃんこ巴潟 両国・巴潟「九代目ちゃんこ鍋」塩味(4人前)【送料無料】ちゃんこ発祥の地、東京・両国の伝統の味巴潟の「九代目ちゃんこ鍋」塩味両国名物!ちゃんこ巴潟 両国・巴潟「九代目ちゃんこ鍋」塩味(4人前)【送料無料】

※北海道、九州、沖縄エリアへの配送には別途216円(税込)の料金をご請求いたします。※「のし」について下記「簡易包装・短冊のし」の欄で[希望する]をお選びください。表書きは、注文確認画面の[のし変更]からお選びいただけます。本場両国の九代目友綱部屋跡地に昭和51年に開業した本格的なちゃんこ料理店、ちゃんこ巴潟の味がご自宅で楽しめます。 絶品と言われる巴潟のちゃんこ鍋は、塩味のスープと鰯のつみれが有名。 特に銚子港で水揚げされた新鮮な鰯で作った手作りのつみれは、ふわふわの食感と新鮮な鰯の味わいで、格別の旨さです。 また、素材の風味を存分に生かすよう独自に開発した塩味のスープは絶品。 スープや具材をそのまま鍋に移して温めるだけで、本場両国の地で本物の味を求めるグルマンを行列をさせる巴潟の味を堪能できます。 ご自宅用に、贈答用に、家飲みなどにぜひご利用ください。 (年内の注文締切日は、12月24日とさせていただきます) 店舗のご案内「ちゃんこ巴潟」ちゃんこ鍋屋といえば多々存在しますが、映画『シコふんじゃった』監督の周防正行さんが「日本一美味しいちゃんこ鍋」と大絶賛したのが、両国に店を構える「ちゃんこ巴潟」です。 昭和10年代に、小兵ながら激しい"あたり"と"ハズ押し"で、両国国技館を沸かした一人の力士がいました。それが「ちゃんこ巴潟」の創業者である往年の名力士、元小結の巴潟です。 巴潟は九代目友綱親方の名を継ぎ後身を育てたのち、相撲協会を定年退職。その後、力士時代の四股名を屋号として、1976年「ちゃんこ巴潟」を友綱部屋のあった場所に創業。現在の本館の場所です。ちゃんこ鍋とは、お相撲さんの鍋。相撲部屋では、明治の末ごろから経済的で栄養のバランスのよい鍋物が日常の食事になったようです。 周防監督に「一番驚いたのはその汁の甘み。……みりんや砂糖とは違うんです。ここの汁の甘みは複雑で、いくら食べても飽きない」と言わしめた巴潟の味は、九代目友綱親方の二男で二代目店主が作り上げました。 九代目友綱部屋の伝統の味を基本とし、妥協を許さず新しい味を求め修行を重ねた結果、現在の誰も真似のできないちゃんこのスープを生み出したのです。 スープのベースは、毎朝届けられる40kg以上の、一羽ずつ手でさばいた新鮮な国産鶏ガラ。 毎朝6時から8時間以上かけて煮込んで作るスープは、深いコクと上品な味わいで、その複雑な旨み、甘みはひとくち口にすればヤミツキに。 ※通販用のスープは店の味に近づけるため改良に改良を重ね商品化いたしました。また自慢の鰯のつみれは、刺身としても楽しめる新鮮な鰯のみを使い、庖丁で一匹ずつ丁寧に三枚に下ろしてから大きなすり鉢で練ったもの。優しく練ることで類を見ないふわっとした食感に仕上がっています。 ※通販用には銚子産の鰯を使用し、店の味を再現しております。この手間暇かけたちゃんこの命とも言えるスープと、銚子産の鰯を使用した鰯のつみれを、そのほか鮭や鶏肉、中華麺などの食材とセットでご提供。九代目友綱部屋から伝わる伝統の味、それを守りながら常に進化させてきた「ちゃんこ巴潟」二代目店主、そして「日本古来からの風習と伝統を受け継ぐ大相撲発祥のちゃんこ料理を通じて、日本人として大切にしたい"和の食文化"を伝えたい」という三代目に受け継がれた想いの詰まった「両国・巴潟『九代目ちゃんこ鍋』塩味」。30数年守り続けた伝統の味を、どうぞ、ご自宅で、またはお使いものにご利用ください。 商品仕様商品名ちゃんこ巴潟 両国・巴潟「九代目ちゃんこ鍋」塩味(4人前)内容量4人前賞味期限製造日 + 30日外箱重量(発送時)1803g原材料名●塩ちゃんこスープ=チキンエキス・醤油・食塩・発酵調味料・チキンオイル・ガーリックペースト・香辛料・調味料/●鰯のつみれ=鰯正肉・スケソウダラ・醤油・鶏卵・サラダ油・調味料・酸化防止剤/●銀鮭/●めかじき/●鶏もも肉/●冷凍中華めん=小麦粉・でんぷん・卵白・小麦たん白・食塩・かんすい・着色料特定原材料(アレルギー)小麦・卵保存方法冷凍(−18℃以下)商品の発送につきまして通常5〜7日後以内に発送繁忙期7〜9日後以内に発送発送区分冷凍便包装サービス(包装・のし・ビニール袋)簡易包装・短冊のし備考(発送関連)●年末年始のご注文:年内出荷分は、12月24日で受付締切りです。年始の注文受付は、1月6日となります。
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]

-----
posted by zwvsr at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。